最新号のご紹介

逆輸入 SWAGE-LINE ブレーキホース EX CB1100 ホースカラー:クリア ホースの長さ:30mmロング クラッチホースキット プロ スウェッジライン-ブレーキホース・ケーブル

特集企業文化・社風を”企業価値“に!

社風・文化とは何か
経済・ビジネス評論家 植村修一

CASE
【1】「面白く働く」を追求する
面白法人カヤック(株式会社カヤック)代表取締役CEO 柳澤大輔

【2】共に働く仲間を大切にする
株式会社エターナルCEO タフタイプ【突っ張り棚type41/奥行40cm/高さ41cm】幅25~29cmエースラック/カラーラックオーダーメイドOPTION【送料無料】

【3】「変化対応能力」で生き残る
株式会社アポロガス会長 篠木雄司

バックナンバー

  • (業務用20セット) スリーエム 3M スプレーのり S/N 99
    • 富士フイルムホールディングス株式会社代表取締役会長兼CEO 古森重隆
    • 一橋大学名誉教授 野中郁次郎






    ホースの長さ:標準 / ホースカラー:クリア
    ホースの長さ:50mmロング / ホースカラー:クリア
    ホースの長さ:100mmロング / ホースカラー:クリア
    ホースの長さ:150mmロング / ホースカラー:クリア
    ホースの長さ:200mmロング / ホースカラー:クリア
    ホースの長さ:標準 / ホースカラー:ブラックスモーク
    ホースの長さ:30mmロング / ホースカラー:ブラックスモーク
    ホースの長さ:50mmロング / ホースカラー:ブラックスモーク
    ホースの長さ:100mmロング / ホースカラー:ブラックスモーク
    ホースの長さ:150mmロング / ホースカラー:ブラックスモーク
    ホースの長さ:200mmロング / ホースカラー:ブラックスモーク

    ※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

    ■商品番号
    SAP0024C

    ■商品概要
    クラッチ用
    【カラー】
    フィッティングカラー:レッド/ブルー
    【素材/材質】
    ・フィッティング素材:アルミ
    ・ホース素材:ステンメッシュ(テフロンチューブ)
    【仕様】
    ・取り廻し:ノーマル(1本タイプ)
    ・ホース1:BJタテ20・ヒネリ右45-SF+[10]/1220[1240]mm
    【付属品】ホース類/ブレーキフルード/専用取説/製品保証書


    ホースカラー:クリア ホースの長さ:30mmロング

    ■適合車種
    ▼HONDA
    CB1100 EX 17 Type2 (ローハン)

    ■詳細説明
    ・バイク用 スウェッジライン プロ
    ABSに完全対応!!
    止まるのが気持ちいい
    高品質ブレーキホース
    ジャーナリストやユーザーから寄せられた言葉は
    「実に上質」「気持ちがいい」
    「ABSの作動が手に取るようにわかる」。
    その名は、スウェッジラインプロです。
    ●ABSユニット専用パーツを開発
    ABS接続パイプ変換ブロックやABSユニットアダプターを独自に開発。
    スウェッジラインブレーキホースの装着を可能にしました。
    ●2通りから選べる取りまわし
    ホースの取り廻しは、幅広いカスタマイズに対応できる「トライピース」とシンプルな「バイピース」から選択できます。(一部車種を除く)
    ●車種専用設計
    Swage-Line PROは車種専用設計&専用部品を採用することで、 無駄を省いた理想的な取り廻しを実現しています。
    カスタム対応が楽なトライピースタイプ、シンプルなバイピースタイプ
    MFJロードレース技術規則に従って2004年からトライピースのホース分岐点を「アンダーブラケットよりも上方」に設置しています (一部車種を除きます)。
    《トライピース type》
    2Wayセパレーター(Tスタイル)もしくは3Wayアダプター (Yスタイル)を採用して各ホースを短めに抑制。
    ハンドル交換等でホースの延長が必要になった場合は、マスターからセパレーター間のみ交換すればOKです。
    見た目も機能もカスタム派に最適な方式と言えるでしょう。
    《バイピース type》
    マスターシリンダーから1個のキャリパーへ、そこからもう一方のキャリパーへ。
    こうして2本のホースをシンプルに取りまわすのが「バイピース」です。
    ステムまわりにパーツを増やしたくないときにも最適な方法です。
    《適材適所》
    ホースエンドの片端には、ホースにバンジョーを直接カシめる「バンジョー・ダイレクト・スウェージング」を、二輪用として初採用。
    コンパクト化を推進するとともに、接合部を減らすことでシール性をより向上させた。(他端は脱着・調整が容易な、フィッティング+アダプター構造を採用)
    《計6パターンのカラー》
    オールステンレス仕様 (ステンレス/ブラック)のほか、フィッティングとバンジョーボディのみをアルマイトパーツとしたハイブリッド仕様 (レッド/ブルー)もラインナップ。
    ホースカラーはクリアとブラックからお選びいただけます。
    《図解入りの取扱説明書が付属》
    マスターシリンダーから1個のキャリパーへ、そこからもう一方のキャリパーへ。
    こうして2本のホースをシンプルに取りまわすのが「バイピース」です。
    ステムまわりにパーツを増やしたくないときにも最適な方法です。
    なぜ、スウェッジライン ブレーキホースなのか?
    ●思った通りにブレーキの効力をコントロールできます。
    ●カスタム時の仕様変更にも対応できます。
    ●高品質を約束する日本製。
    《膨張しない》
    テフロンチューブは油圧が高まっても極めて膨張しにくいため、ライダーの意思が正確に伝わります。
    レバーを握るときはもちろん、離すときのレスポンスも正確です。
    《進化したカシメ》
    カシメ部をスリーブで包み込み、ホースと触れる部分にはダンパーを組み込んであります。
    その相乗効果で、しっかりとホースを保護します。
    《膨張する》
    ブレーキレバーを握って油圧が発生すると、ノーマルのラバーホースはわずかに膨張します。
    この膨らみが落ち着くまでは、ライダーの意思がキャリパーに100%伝わりません。
    結果的に、あいまいなタッチになりがちです。
    《カシメ方式》
    ノーマルはフルード漏れの不安がないカシメ方式を採用。
    フィッティング類はスチール製が一般的です。

    スウェッジラインが選ばれる7つの理由
    《車検対応》
    SWAGE-LINEは道路運送車両保安基準適合品。
    車検の際も特別な手続きは不要です。
    《JIS規格クリア》
    ISO3996規格に基づく日本工業規格JIS D 2601「自動車部品-非鉱油系減圧ブレーキホースアッセンブリ」規定 (引張・破裂・耐圧・ホイップ等)をクリア。
    高い安全性を誇ります。
    《高品質な3層構造》
    しなやかで圧力に強く、表面の摩擦抵抗が極めて小さいテフロンを引抜成型でチューブ化。
    これを材質・線径・編み方にこだわったステンレスメッシュで保護しました。
    さらに特注PVCコーティングを施して耐久性をアップ。
    ホースカラーはクリアとブラックからお選びいただけます。
    《材質は2種類》
    ホースエンドはフィッティング形状のため、着脱や角度調整が簡単です。
    材質は、美しさを極めた「アルミ」と強靭さが特徴の「ステンレス」からお選びいただけます。
    《信頼のカシメ方式》
    ホースとフィッティングのインナーパーツを、ノーマルと同様にカシメることで、継ぎ目の精度・安全性を飛躍的に向上させています。
    《独自の安全対策》
    カシメ部をすっぽり覆う「スカート&ダンパー構造」を採用。
    サスペンションの伸縮によってホースが激しく振幅しても、カシメ部が直接ホースを痛めることがありません。
    《鈴鹿8耐やMotoGPで証明された品質と信頼性の高さ》
    鈴鹿8時間耐久ロードレースで4位入賞実績のあるプロトのレーシングチーム「パンテーラ」が、歴代マシンにスウェッジラインブレーキホースを装着。
    MotoGP Moto2クラスで活躍するモリワキエンジニアリング製のMD600も、スウェッジラインを採用しています。
    このように最高峰のレースで磨かれた品質と信頼性の高さが特徴。
    安心してその性能をお楽しみください。

    経営は、絶対に負けられない 戦いの連続である

  • 正しい道理の「富」でなければ 企業の永続はない

  • 組織を生かす 「共感能力」を取りもどせ

その他のバックナンバーはこちら

創刊以来、
ご登場いただいた企業様

企業様をもっと見る

企業の成功法則

三位一体論

その他 SW 18-8 菊渕 丸 スープチューリン 大 4562171649977

月刊『理念と経営』発行人代表、日創研グループ 代表

人間的魅力の研究『古本大學』に学ぶ

「大學の道は、明德を明らかにするに在り。民に親しむに在り。至善に止まるに在り」
―これは四書五経の一つである『古本大學』の冒頭の一節です。AI・IoT・ITの時代にこそ、人間的魅力が求められます。松下幸之助翁は「君、人間の研究せんとあかんで」と、松下電送㈱元社長の木野親之先生に問いかけていたそうです。

記事一覧はこちら

お知らせ

一覧はこちら